BLOG

九州場所の関取たちのご馳走はアラ鍋。
このアラとはクエのことだが、クエは言わずと知れた超高級魚。
主に関西の高級料亭で消費され、なかなか関東の庶民の口には入らない。
九州場所のあまりでもないだろうが、クアトロにも珍しくクエが入荷。
しかも立派な大型のクエ。
深海魚らしい上目遣いに口元はぎゅっと結んでいる。
立会前の力士のような形相の魚だ。
鍋では、フグ以上に旨いと評されるが、その白身の刺身も上品で旨い。
差し身が良い白身となると力士も喜ぶのだろうか。
はっけよい、今日のクアトロ場所でクエをいかがだろう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。