BLOG

※このブログには不適切な内容が書き込まれております。
注意して読みましょう。

クアトロのシェフは、魚市場で美味しそうなイカに遭遇。
早速、イカの塩辛を仕込んだ。
その塩辛のあまりをシェフがパスタにして、賄いで食べることになった。
クアトロの父は、通風持ちだ。
イカのワタもたっぷり使ったこのパスタは実に危険だ。
しかし、痛風発作の危険を冒しても食べたいものである。
最新の情報によると、痛風を引き起こすプリン体は食品から摂取するよりも体内で合成されるものの方が圧倒的に多いらしい。
特にストレスによってプリン体が合成されやすいと云われる。
すなわち、このイカとアサリのパスタを食べることを我慢すると云うストレスは、痛風発作を引き起こす危険があると云うことになる。
さらに、アルコールも控えれば危険は軽減すると思われる。
ところが、どうもお酒を飲まないで食べるのは苦痛と思われる。
どうやら、このパスタは食べても危険、食べなくても危険と云うことになる。
さて、あなたは、どちらを選択するのだろうか。

※勝手ながら、本日は都合により臨時休業させていただきます。
クアトロの父の痛風発作のためではありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。