BLOG

クロソイは、愛を知らなかった。
クロソイは、流刑地かと思われる地の果て豊四季のイタリアン、クアトロ・スタジオーネにやってきた。
クロソイはここで初めて愛される幸せを知るのであった。
クロソイもこの大きさになるとカルパッチョで旨い。
クロソイの容姿からは想像できないであろう、洗練された白身の刺身の美味しさ。
クロソイならではのふくよかな旨み。
クロソイには、クアトロの白ワインがよく似合う。
クロソイは、クアトロのお客様に愛されて幸せだった。
クロソイの美味しさはR15指定である。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。