BLOG

北イタリア・フリウリは、白ワインの聖地と呼ばれる。
アルプスから吹き下ろす冷たい風と、アドリア海から吹き上げる暖かい風が出会い、白ワインの豊かな酸味と果実味を育む。
そのフリウリの中でも、北の巨匠と呼ばれるワイン生産者がいる。
ジャンフランコ・ガッロ氏だ。
彼の哲学は、人と気候とブドウと土地が最良のワインを造るという。
フリウリの気候と土地に合ったソーヴィニヨン・ブランをガッロ氏の丹念な作りで造った“ヴィエリス・ソーヴィニヨン・ブラン”は、白ワインの芸術品。
そのヴィエリスをクアトロで特別な日に飲んでみてはいかがだろう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。