BLOG

シャンパンの登場する映画は多い。
有名なのは、「カサブランカ」「プリティーウーマン」だろうか。
クアトロの父は、「麗しのサブリナ」が好きだ。
金持ちのプレイボーイ役ロック・ハドソンは、オードリー・ヘップバーン演じるサブリナを誘惑すべく、お尻のポケットにシャンパングラスを忍ばせ、片手にシャンパンを持って、深夜のテニスコートでサブリナにアタック。
ところが、ベンチに座ってしまいグラスを割ってしまう。
屋外でシャンパンを飲むなんて、おしゃれだなあと思ったものだ。
さらに、この映画のロック・ハドソンの兄役ハンフリー・ボガードとヘップバーンがシャンパンで恋のさや当てをするシーンも有名だ。
ヘップバーンが麗しいのは、当然この映画の魅力なのだが、シャンパンなどの小道具を上手に使うビリー・ワイルダー監督の手腕が素晴らしい。
クアトロに入荷しているシャンパン“ボーモン・デ・クレイエール”、クアトロでの恋のさや当てに使ってみましょうか。
今日はクアトロの夏休み。
恋のさや当てはとうに納めているアトロ夫婦は、スプリッツァーで焼餃子。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。