BLOG

今日11月の第三木曜日はボージョレ・ヌーヴォー解禁日。
ところで、ボージョレ・ヌーヴォーってどんな飲み物と云うお客様の疑問に答えよう。
ボージョレ・ヌーヴォーは、ブルゴーニュの南にあるボージョレと云う地域でガメイと云う黒ブドウで作る新酒。
ガメイは、タンニンが少なく長熟の渋めの赤ワインにはなりにくい。
そこで、黒ブドウだが、白ワインのような作り方をして、短期間で仕上げたものがボージョレ・ヌーヴォーだ。
赤ワインというよりも赤い白ワインと思ったほうが的確だ。
商売上手なフランス人は、ボージョレ・ヌーヴォーを、お祭りのワインとしたことが、パリで流行り日本にも伝播する。
要するに、味よりもお祭りのワインだったが、ボージョレ・ヌーヴォーの生産量の半分を日本人が買い続けることと、ブドウの収穫からすぐに現金収入になることからか、ボージョレ・ヌーヴォーの品質向上は近年めざましい。
だれよりも早くにボージョレ・ヌーヴォーを飲もうと云った風潮から、近頃は一年に一度飲むワインだからこそ美味しいものを飲もうと云った風潮になっている。
クアトロにも、品質重視の作り手のボージョレ・ヌーヴォーが入荷しました。
貴族のためのボージョレ・ヌーヴォーと云われる“シャトー・ドゥ・ピゼイ”。
今年も、とても良い出来です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。