BLOG

旬のカマスが突如クアトロに現れた。
固唾を飲むクアトロのお客様たちだ。
「アトム、助けて」クアトロのお客様の声が届き、鉄腕アトムがやって来た。
「カマス君、みんなが君のことをとっても立派なカマスだねって褒めているよ」
「さあ、僕が助けてあげるからみんなに美味しいカマスの刺身を見せてやろうよ、君のように大きくて立派なカマス君じゃないと刺身には出来ないってお茶の水博士が云っていたよ」
アトムは心の優しい少年ロボットだった。
天馬博士に似てたまに髪の毛が立っているクアトロ・シェフにカマス君は刺身にしてもらった。
アトムのジェット噴射も借りて、炙りにしてみると絶品の味わいである。
クアトロの父のおすすめのボージョレ・ヌーヴォー2020もこのカマス君の炙りに良く合う。
こうなると、もうアトムの活躍を忘れてしまうクアトロのお客様たちである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。