BLOG

輝く2020年クアトロ・アカデミー賞最優秀カルパッチョ作品賞は・・・

山梨県産富士の介に決定
“富士の介”は、海無し県の山梨県で養殖に成功したキングサーモンとニジマスを交配したもの。
キングサーモンの勇ましさとニジマスの優しさを兼ね備えた顔つき。
柵にすると鮮やかな赤みの強いサーモンピンク、きれいな水とエサのたまものだろうか。
その刺身は、キングザーモンの旨みがしっかりとあり、養殖の臭みは感じない。

今年のクアトロ・アカデミー賞はこのブログによるリモートでの発表。
さて、2020年にクアトロのブログに取り上げられた魚を振り返ってみよう。
1月 アイナメ まさかり真鯛 八角 クロソイ
3月 マテ貝
4月 ホタルイカ 白エビ タスマニアサーモン
6月 入梅イワシ 本マグロ・チュウボウ 初ガツオ 麦わらイサキ
7月 ダルマイワシ
8月 ノドグロ ヒラマサ 常磐産スズキ ヒラメ コチ 戻りカツオ 厚岸生カキ
9月 富士の介 姫鯛 笛吹鯛 アラ えびす鯛 天然カンパチ ヘダイ
10月 浪人アジ オコゼ
11月 天然シマアジ ニベ サヨリ カマス
12月 真ダラ 寒サワラ クエ 寒ブリ 八角

今年も、たくさんのカルパッチョをクアトロで楽しもう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。