BLOG

※このブログには不適切な内容が書き込まれております。
注意して読みましょう。

クアトロに事もあろう、特上のウニが入荷。
ビールでも飲みながら「特上ウニのペペロンチーニ」を食べると通風になる危険がある。
しかし、このパスタは、その通風の危険を冒しても、食べる価値があるとクアトロの父は深く思う。
仮に通風の発作が起きても、軽度ならば家族に隠して薬で対処する方法もある。
最新の研究によると、ビールや食事の制限を受けるのはストレスでより通風が悪化すると先日のブログでも書いた。
ストレスか、ウニのためなのか、通風の発作が足の親指に出たとしても、家族にそらみたことかと、云われないように隠す方法もある。
どう隠すかというと、まず頭をかいたり顔をなでたり、やたらにきょろきょろしたりと落ち着きのない行動は慎もう。
歩き方も通風で足の親指が痛いのだが極力ビッコをひかずにすり足で歩く。
家族よりも少し後を歩くようにすると目立たないものだ。
隠し事をしていると口数が多くなる。
冷や汗をかいていても、「今日はやたらに暑いね」などと、不自然な話題を出さないように気をつけよう。
このように、痛風の発作を隠して穏やかに治療する方法はクアトロ痛風友の会会長・クアトロの父の講義を参考にすると良い。
もちろん重度の痛風はこの限りではない。
また、クアトロに近寄らないのが最善と判断するのは大きな間違いである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。